活動ブログ

2019年12月21日~2020年1月20日までの様子

 今年は近年まれに見るかなりの暖冬です。こんなに吐く息が白くならない冬は経験したことが無いです。でもまだ冬は終わりではありません。2月にどかんと寒くなる事も考えられます。そういう事態も考えながら、体調には十分気をつけて過ごしたいです。

<クリスマス会>

 12月25日、はらださんと合同でクリスマス会を行ないました。今年は数名のお父さんがサンタクロース役に立候補して下さったのですが、今年度で卒園するRちゃんのお父さんにお願いをしました。お父さんもRちゃんにばれてはいけない!と思って下さったようで、当日までに色々と変装を試してみては写真を撮ってきてくださり、「こんなのでどう?」と準備万端で当日を迎えました。さて、本番のクリスマス会。サンタさんが入ってきた途端、みんなは大喜び。娘のRちゃんもみんなと同様に大きな声で「サンタさ~ん!」と叫んでいました。全くお父さんとはばれずに大成功!!みんなでサンタさんを囲んで楽しいクリスマス会を過ごしました。

<新年のご挨拶>  

 新年初日の1月6日、12名全員が集合しました。お休みの間、何をしていたかなどみんなで話を聞きました。N先生がお休み中に『獅子舞い』を作ってきてくれた事もあり、「獅子舞いに頭をパクッてされたら賢くなるんだよ」と説明し、一人ずつ頭をパクッとすると・・・ギャーと嫌がるかと思ったら、平気平気!中には自分から頭を差し出す子も居ました(笑)。獅子舞いにかじってもらったのできっとお利口さんになったことでしょう☆

<凧あげ>  

 ビニール袋にお絵描きやシール貼りをしてオリジナル凧を作りました。たくさん絵を描く子、シールをたくさん貼る子など様々でした。数日後、その凧を持って公園へ遊びに行き、しっかり走って凧揚げをしました。たくさん走らないと凧が下がってくるので子ども達は落ちないように必死に走っていました。園に戻ってきてからも「楽しかった」「またやりたい!」と口々に言っていました。

<ライスちゃんとかずくんがやって来てくれました!!>  

 昨年度の9月に行われた保護者親睦会時に来て下さった“ライスちゃんとかずくん”が今年もはらだ乳児園にやってきてくれました。何事かよく分からない子ども達はライスちゃんが持ってきたスーツケースにクギ付け!中からかずくんが出てきた時には思わず後ずさりする子も(笑)。大きなクリクリおめめをパチパチさせながらお話しする姿にどんどん子ども達が引き込まれていきます。とっても楽しかったので、最後にかずくんとバイバイの握手をする時は我も我もと押しあって握手を求めていました。さすがハヤシ先生・・・いやいやライスちゃん。また遊びに来てくださいね。

<我らの『ばてぃーくん』の今・・・>

  ばてぃーくんの年末年始をどうしようか問題がまた勃発しました。12/28日はたまたま土曜日という事もあり、土曜日は姉妹園で合同保育をさせてもらっているので、園は27日の晩以降クローズされます。なので1週間は園が閉まっている状態です。ここで「職員のお家に連れて帰る案」が出てきました。職員のお家によって室温・湿度が違うはずなので、「急な変化は命を縮めてしまわないか」、「万が一死なせてしまったら辛い…」という意見が出た為、なのはの環境から変えないでおこう!という事で、しっかり水とエサの草を置いてそのまま園に置くことになりました。 とは言うものの、何かしら気になる職員たち。結局3日に1度は誰かしら覗きにきて安否確認を行ないました。すっかり過保護状態の職員たちです(笑)。 皆の心配はどこえやら~という感じに2匹ともすこぶる元気でいます。これも暖冬のお陰かもしれませんね。

サンタさんにインタビュー!!
ドキドキしながら質問したよ。
獅子舞いさん、お利口さんになるように
優しくかじってね♪
描き描き、ぺたぺた・・・
素敵な凧を作りましょう!
凧が下がってしまわないように
一生懸命走ります!!
ライスちゃんとかずくんの会話はとっても面白い。スーツケースの中はお家なんだって♪   
じ~っと見つめる子ども達(笑)
初めはおっかなびっくりの子ども達でしたが
ほとんどの子が別れ際の握手は出来ました。