私たちの取り組み

ななこども園の特徴

POINT1

皆で奏でる和太鼓

ななまつり、運動会、地域のイベント参加、近隣幼稚園・小学校との交流、卒園式の時に演奏しています。演目は『ぶち合わせ太鼓』『三宅島太鼓』『まつり太鼓』などがあり、基本毎月2回練習をしています。

POINT2

地域交流

近隣にあるデイサービスへ年間3回(9月、1月、3月)訪問。
一緒にふれあい遊びをしたり、頑張ってきた事(太鼓や組体操・ピアニカなど)を披露したりと、おじいちゃんおばあちゃん達とふれ合う機会を作っています。
園内でみせる普段の姿と違う子どもたちの姿も発見できています。

10月には近隣の施設の方に陶芸を教えてもらいます。そしてその作品は制作展で保護者に見てもらっています。
また藤井寺市社会福祉施設連絡会にも加盟しています。

POINT3

農家のせがれ

毎月2回の農家の専門の方に来て頂いて “土作り”、“苗や種まき”、“水やり”、“肥料”、“収獲”、“クッキング”まで1年を通して数種類の野菜や米作りを通して、五感を養い、食育、命を大切にする気持ちを育んでいます。
育てる野菜もグループの子ども達同士で決めています。とれた野菜でクッキングをしたり、BBQをしたりもしています。

POINT4

ふれあい遊び*

毎月1回ふれあい遊び担当の保育者(男性保育士)が2歳~5歳児を対象に実践しています。クラス全体(一斉活動)の中でも少人数を基本にして、ルールを通して一定の動き(力を出したり、合わせたり)を色んな友達と経験します。
同じルールでも個々の子どもによって力の出し方や合わせ方など、あえて戸惑いや葛藤が生まれるようなルール設定にし、子どもが自分で考えたり判断する状況を作り出しています。

POINT5

グループ活動

色々なグループ活動のひとつに子ども達の大好きなお当番活動があります。
給食のお当番活動は「お手伝い活動」から始まり、何よりも「自分がやりたい」「してあげたい」反対に「やりたくない」という子どもの意思や要求を大切にしています。
お当番は相手がいるからこそ関わりが生まれ、友だちに「配ってあげたい」「配るのが楽しい」という楽しさや「配ってもらって嬉しい」と友だちに喜ばれることを体験することで自分の居場所が生まれ、やりがいを持つようになります。

日々グループの中で気持ちを伝え合い、お互いの気持ちを知りながら、とことん主張し合える環境を通して保育者と子ども、子ども同士の理解が深まっていきます。
5歳児のグループ活動には他にも“水やり当番”、“靴箱そうじ”、“床そうじ”、“虫のお世話係”、“行事係”などがあります。