私たちの取り組み

はらだ乳児園の特徴

POINT1

はらだ乳児園は、園児12名で家庭的な環境で過ごしています。1・2歳児の子ども達が一緒に過ごしているので、2歳児が1歳児のお世話をしたり、1歳児が2歳児のあそびをみて模倣したり、子ども同士の関わりが多く見られます。
また、連携園と交流する機会も多くもっています。姉妹園のなのは乳児園とは、朝夕の保育、サーキット、誕生会、園行事(運動会やクリスマス会)を合同で行っています。基幹園のなかはらこども園とは、土曜日保育と体育あそび(夏はプールあそび)を合同で活動しています。連携園との交流を通して、子ども達が多様な人間関係とあそびを経験できるようにしています。

POINT2

園の近隣には王子動物園があり頻繁に訪れています。自然豊かな公園や遊歩道も多数あり、春には桜のトンネルくぐり、秋にはどんぐり拾いをして季節を感じながら散歩をしています。また、園からは阪急電車が見え、園から南に少し歩くとJR電車も見えるので、子どもたちにとって電車は身近な存在です。

POINT3

はらだ乳児園では、子どもの生活面を丁寧に援助しています。基本的な生活習慣(食事、睡眠、排泄、清潔、着脱)が自立に向かっていくよう、規則正しい生活リズムで過ごし、子どもが身の回りのことを自分で取り組もうとする姿を大切にしています。
あそびでは、感触あそびで砂、粘土、絵の具、水など様々な素材に触れる経験や、食育で野菜や果物の種まきから収穫、クッキング、食事までを経験する取り組みを行なっています。