活動ブログ

2019年11月21日~12月20日までの様子

2019年12月23日 月曜日カテゴリー: 園の取り組み

 11月後半になると、街の木々が一斉に落葉をはじめました。子ども達は、散歩先で落ち葉のじゅうたんを見つけると、一斉に踏みしめたり、葉っぱをすくって空に放ち、ひらひらと落ちていく様子を眺めたりして楽しんでいました。ある日、白画用紙とテープを持って散歩に出かけました。お気に入りの葉っぱを選んで白い紙に貼り付けてみることに。セロハンテープを使うのは初めての子ども達でしたが、粘着面を確かめたり、ねじれて再挑戦しながら、手先に集中して葉っぱを1枚1枚貼り付けていきました。裂け目のはいった葉っぱをセロハンテープで修理している子どもやどんぐりを貼り付ける子どももいました。子ども達の自由な発想と色とりどりの葉色が際立って、おもしろい作品集ができました。いまでも作品集からは桜のよい香りがしています。大人は、玄関まわりのはき掃除が大変な時期ですが、子ども達には、自然を感じながら遊ぶ事のできる絶好の季節です。

 12月には、クッキングで「クリスマスケーキ」を作りました。2歳児が、①蒸しパンミックスと水を混ぜる、②生地をマフィンカップに絞る、③ホイップクリームといちごを飾るという工程で取り組みました。エプロンと三角巾を身に付けた子ども達は、やる気と緊張感いっぱいに慎重に取り組んでいました。1歳児は、その様子を憧れのまなざしで見つめていたのですが、いちごの飾りつけを最後に自分ですることが出来た時は本当に嬉しそうでした。蒸しパンにホイップクリームといちごを乗せたシンプルなケーキですが、出来立てでふんわり温かいクリスマスケーキは抜群の美味しさでした。クリスマスケーキを味わった直後は、ままごとコーナーでケーキづくりごっこが早速始まりました。

  最近、子ども達が体力アップしているのを感じます。散歩では長い距離をしっかり歩けるようになり、室内でも、サーキット、体操、表現あそび、リトミックなど全身を動かすあそびが大好きです。体を十分動かしてあそび、栄養満点の給食とおやつをモリモリ食べ、休息を十分にとるメリハリのある生活リズムと、手洗い・薄着の励行で、風邪に負けない丈夫な体づくりに努めます。

色とりどりの落ち葉を白い紙に貼りました。
「この葉っぱ、きれいな色だね。」
「大きな葉っぱを見つけたよ。」
クッキングでクリスマスケーキづくり。
「蒸しパンミックスと水をまぜまぜ…」
ホイップクリームを絞ります。  
「上手にできた!いい感じ♪」
いちごを飾れば…、
クリスマスケーキのできあがり!
子ども達が大好きなお弁当日。   
「待ってました、お弁当タイム。」
「おいしいね。」
紙粘土でクリスマスツリーの飾りを作りました。紙粘土は良く伸びて、気持ちいい感触。
「どんな形ができるかな。」
紙粘土で作った飾りに、好きな色の絵の具を
塗りました。筆が上手に使えたね。
完成した飾りを自分でツリーにつけました。
クリスマスツリーがおしゃれに大変身。

2019年11月1日~11月20日までの様子

2019年11月27日 水曜日カテゴリー: 園の取り組み

 紅葉が目に鮮やかな季節となりました。今月のお弁当日は、年齢別に分かれて園外保育をしました。

 1歳児は筒井公園に行きました。はらだ乳児園からは距離のある公園なので、行き帰りはバギーに乗って移動し、公園内でたっぷり時間をとってあそびました。広い砂場では、スコップで砂を掘ったり、型抜きをしたりして、砂の感触を楽しみました。大型遊具も大人気でした。高いところに登ったり、すべり台を滑ったり、階段を昇り降りしたりと、繰り返し繰り返しチャレンジして体を動かしていました。お弁当は、はらだ乳児園に帰園していただきました。子ども達にとって、月1回のお弁当日は特別なものです。自分のお弁当を見つけた時、お弁当の蓋をあける瞬間の嬉しい表情は何とも言えません。お家の方が早起きをしてこしらえてくれたお弁当から愛情を感じるからでしょうね。

  2歳児は、電車に乗って須磨水族園に行きました。 出かける前に「でんしゃにのって」という絵本(とよたかずひこ著)をみんなで読んでから出発しました。自分のリュックを背負い、友達と手を繋いで歩き出した子ども達は、普段より口数少なめでした。嬉しさと緊張が入り混じった表情で電車に乗り、みんな静かにお行儀よく座席に座っていました。須磨水族園につくと「海の散歩道」というスロープを通り、イルカライブの観覧席までみんなで歩きました。薄暗いスロープを皆でくっついて歩いたり、イルカショーでクイズに答えて手を挙げたり、イルカの大ジャンプに歓声をあげたりして、存分に楽しみました。お弁当タイムでも、リュックからレジャーシートを出して広げたり、お弁当を自分で食べたり、自分のタイミングでトイレ向かったりと、身の回りのことに自から進んで取り組む子ども達の姿がありました。先月にも王子動物園でお弁当を食べた経験が、子ども達の自信につながっているようでした。 しかし、帰り道になると朝からの緊張や疲れが出て、「歩きたくない!」「抱っこして!」と言う子どもがいました。そこで、みんなでカラオケ大会をしながら歩くことに。みんなで歌い、励まし合いながら道を進む内に、初めはベソをかいていた子も元気を取り戻し、最後まで全員で歩く事が出来たのでした。子ども達にとって大冒険の一日になりました。

11月のお弁当日。
1歳児は筒井公園に行きました。
 みどりバギーははらだ乳児園号、ピンクバギーはなのは乳児園号です。
大きな砂場で穴を掘ったり型抜きをしたりして、砂の感触を楽しみました。
2歳児はJR電車にのって、須磨水族園へ遠足に
行きました。
「ぼくたちの電車がもうすぐくるよ。」
須磨水族園内のスロープ『海の散歩道』。
「海の中にいるみたいだね。」
子ども達が楽しみにしていたイルカショー。
イルカがジャンプする度に、子ども達は大きな歓声を上げていました。
この日は全員で岩屋公園に行きました。
「楽しい遊具がいっぱい!」
落ち葉と自家菜園のオクラを使って、 スタンプをしました。
赤色と黄色が混ざって、素敵な色がたくさんできました。

2019年10月

2019年10月29日 火曜日カテゴリー: 園の取り組み

『運動会』

  10月1日、はらだ・なのは乳児園合同で運動会をしました。プログラムは、「①バナナくん体操」「②リトミック」「③おっかけ玉入れ」「④かけっこ」「⑤2歳児協技 電車でGO」「⑥親子でメリーゴーランド」の6種目です。この日は夏が戻ったように暑い日でしたが、子ども達は広い公園内をかけまわり、のびのびと体を動かしました。

 「②リトミック」は、さくらさくらんぼのリズムを中心に春から継続的に取り組んできました。今では、ピアノのメロディを聞いただけで、何の表現か(動物・物・自然現象)わかるようになり、曲の大きさやテンポに合わせて動けるようになっています。普段は室内でするリトミックですが、運動会では初めて屋外で行ないました。子ども達は解放感いっぱいに体を動かし、リズムに乗っていました。 「⑤2歳児協技 電車でGO」は、競技ではなく協技種目です。2歳児が2人組になり、電車になって出発進行します。1人はフープの中に入り運転士役、1人はフープの後ろにつかまり乗客役です。折り返し地点までくると、運転士と乗客でポジションを交代し、復路進行します。運動会当日まで、2歳児でこの協技を繰り返し取り組みました。初めは、子ども同士で気持ちがぶつかったり、時間がかかったりしましたが、経験を重ねる内に、自分の思いに加えて相手にも「こうしたい」という思いがあることに気づくようになりました。運動会本番でも、子ども同士で協力し、全ペアがゴールできました。

『アオムシが蝶に』

  先月からはらだ乳児園で飼育していたアオムシがさなぎになりました。 それから10日後の朝、無事に羽化しアゲハ蝶になりました。登園した子ども達は虫かごの周りに集まって、美しい姿に変態した蝶をまじまじと見つめていました。絵本の「はらぺこあおむし」の世界を現実に体感した瞬間でした。同日、公園でアゲハ蝶を空に放して見送りました。初めはなかなか飛び立とうとしないアゲハ蝶でしたが、時間をかけてついに空を飛びました。子ども達から歓声があがりました。

  翌週、子ども達とある制作に取りかかりました。1人に1枚、大きなビニール袋を用意し、油性ペンやシールで好きな模様をつけました。そうこれは…、自分の羽です。公園に行き、制作した羽を背中につけると、子ども達は元気に飛びました。両手を羽ばたかせたり、羽にうける風を感じたりて公園内をかけまわり、蝶になりきってあそんでいました。

運動会「リトミック」
♪キリンリンリンせがたかい~♬
運動会「2歳児協技 電車でGO」
アゲハ蝶を空に放しました。
「ちょうちょうさん、げんきでね。」
「ちょうちょうさん、ありがとう!」
今度は、自分の羽を作っています。
制作した羽をつけてみんなで飛びました。
「みて、ちょうちょうになったよ!」
どんぐりと松ぼっくりを拾いに散歩へ。    
手作りポシェットを肩から下げて「いってきます!」
お弁当日に2歳児は動物園に行きました。
リュックの中に大事なお弁当を入れています。
「ペンギンさんがおよいでる。」
「きもちよさそうだね。」
待ちに待ったお弁当タイム。
こども達は10時頃から「おなかすいた!」
「おべんとうたべたい!」と連呼していました。
1歳児もピクニックスタイルでお弁当をいただきました。「おいしいね♪」

2019年9月

2019年9月28日 土曜日カテゴリー: 園の取り組み

 9月に入り、朝夕はすがすがしい秋の涼気が感じられるようになりました。 子ども達が大好きな散歩を短い時間と距離から再開しました。行き先は、王子動物園、緑地広場、城内通公園、原田児童館前広場など近場ですが、この時期は色んな種類の虫に出会えます。アリ、ダンゴムシ、バッタ、カマリキリ、アオムシなど…まだ蚊も飛んでいます。虫を見つけた子どもは、驚きや喜びいっぱいに、「むし、おったー!!」と大きな声で友達や保育者に知らせます。虫の周りは、あっという間に子ども達でいっぱいになり、虫に熱い視線が注がれます。はらだ乳児園には、春からカタツムリがいましたが、今月からバッタ、ダンゴムシ、あおむしが仲間入りしました。保育室に並んだ虫カゴを順番に観察したり、虫の名前をみんなで考えたり、バッタのエサである猫じゃらしをとりに行ったり、霧吹きをしたりしてお世話をしています。あおむしは9月下旬からさなぎになる準備をはじめました。子ども達は、毎日の観察やお世話の中で、虫の変化にわくわくしながら、興味と愛着を深めています。 これから、散歩の時間や距離を少ずつ伸ばしていき、秋の自然をたくさん見つけたいと思います。

  9月は、感触あそびで小麦粉粘土をしました。 保育者がこねるボールの中で、小麦粉が粉から粘土になっていく様子をじーっと見つめていた子ども達。保育室に以前から貼ってあったお月見の写真や保育者手作りの三方(月見団子を乗せる台)があるのを思い出した1人の子どもが、「おだんごつくる!」と言いました。それを聞いた周りの子どもも「いいよ。おだんごつくろう!」と賛成し、みんなで団子づくりがはじまりました。小さくまるめた団子が机の上にたくさんでき、次はそれを三方の上に並べて飾りました。完成した月見団子を保育室の窓際に飾って、お月様のお供えにしました。 また別の日に、もう一度小麦粉粘土をしました。今度は粘土に色をつけてカラー粘土にしました。粘土につけた色がマーブルになって、次第に全体に馴染んでいく様子を見ながら楽しみました。   さらに別の日には、今度は同じ小麦でも小麦粉ではなく、パン粉に水を加えて作るパン粉粘土を初体験しました。パン粉のサクサクした感触がこねる内に柔らかい感触に変化していくのが楽しく、また、パンのいい香りが漂うので「いいにおい~」と粘土を何度も嗅いでいました。様々なバリエーションで楽しんだ感触あそびでした。

涼しくなり散歩を再開しました。
のびのびあそんで、いい気持ちです。
散歩の途中でバッタを見つけ、園で飼うことに。
3匹いましたが、ある日1匹行方不明になりました…。
あおむしも園にやってきました。
蜜柑の葉を食べて、毎日どんどん大きくなります。
小麦粉粘土であそびました。 「粉が粘土になった。」
子ども達から「おだんごつくる!」と声があがり、
団子づくりが始まりました。みんなでコロコロ。
丸めたおだんごを三方に飾って、
お月様のお供えにしました。
なのは乳児園と合同でリトミックをしました。「うま」の曲。
トイレットペーパーの芯でスタンプすると、
こんなきれいな形ができたよ。    
「ぶどうみたい!」

2019年8月

2019年8月29日 木曜日カテゴリー: 園の取り組み

 6月末からスタートしたプールあそび。今月も、週2~3回の頻度で取り組みました。元々水が好きな子は、頭から水をかぶったり、水の中に寝転んだりして、全身で水と戯れていました。水が苦手な子は、タライの水であそぶことからはじめましたが、経験を重ねる内に顔に水がかかっても平気になったり、プールの中に入ってあそべるようになったりと、「すごい!」「できた!」の場面がたくさんありました。

 生活面にも変化がありました。1歳児はプール前後の生活の流れがわかるようになり、カゴから自分の水着を見つけて持ってきたり、洗濯物を自分で片づけたりできるようになりました。2歳児は着替えを自分からしようとする姿がでてきました。水着を脱ぎ着する時は、「き、き、きつい!」「てつだって~」と格闘しながらも頑張っていました。プールに入った後は、さっぱりと気持ちのよい表情の子ども達です。個々のペースとスタイルで水に親しんだプールあそびでした。

 今月は、ミニ菜園でナスとオクラを収穫しました。八百屋さんに並んでいるものに引けを取らない程立派なナスとオクラに、「おっき~い!」と子ども達から歓声が上がりました。 ナスは、ホットプレートで蒸し焼きにして食べました。砂糖としょうゆで味付けすると、食欲をそそるいいかおり。子ども達は喜んで食べ、おかわり分も全てなくなりました。 また、ナスとオクラで野菜スタンプもしました。1歳児は、野菜や絵の具の感触を自由に楽しみました。2歳児は「まるいよ」「おほしさまみたい」と、野菜スタンプの形を確かめながら楽しんでいました。

 8月下旬、同法人のなぎさ児童館から、3名の小学生があそびに来てくれました。小学生に絵本を読んでもらったり、一緒にパラバルーンや自由あそびをしたりして交流しました。子ども達は、初対面のお兄ちゃん、お姉ちゃんに興味津々。目を輝かせ、憧れの眼差しで見つめていました。

きれいなシャボン玉がいっぱい!
リトミック「自転車」の様子
「オクラおおきいね!」
はらだ乳児園のミニ菜園でオクラとナスを収穫しました。
収穫したナスをホットプレートで焼いて、砂糖としょうゆで味付け。
「おいしい!」「おかわり!」
ナスはおかわりが全部なくなる程の人気でした。
収穫したナスとオクラで野菜スタンプもしました。
ナスでスタンプすると、丸い形の中に模様がみえたよ。
   なぎさ児童館の小学生があそびに来てくれました。    
お姉ちゃんが絵本を読んでくれました。