活動ブログ

2020年2月21日~3月20日

2020年3月24日 火曜日カテゴリー: 園の取り組み

 新型コロナの影響で落ち着かなかった3月。「今日は家庭保育します!」と各ご家庭の出来る範囲で協力して下さりありがとうございました。いつもみんなで会える事が当たり前だった日常が、本当に有難い事なんだなぁとしみじみ感じました。何日もお休みが続くとみんなで“○○ちゃんロス”になってしまったりもしました。園では、いつも以上に手洗いをしっかり行なうことや、一人一人の体調の変化をこまめに把握し、子どもたちが健康に過ごすことが出来るよう努めていきます。

<こどもの館>

 2歳児クラスの3人は、はらだ乳児園で“動く・こどもの館号”を見に行きました!ネズミのふれあいあそびやわらべうたをみんなでしたり、紙芝居を見たりして楽しい時を過ごしました。

<ひなまつり>  

 2月終わりにひな人形を出すと、「おひなさま!」と子どもたちは興味津々で見ていました。「おひなさま、つくる」と、雛人形を見ながらおひなさま作りをしました。めん棒をたくさん束ねた“めん棒スタンプ”に好きな色の絵具をつけ、画用紙にポンポンとおひなさまの着物の模様をつけ、マーカーで顔を描き、素敵なお雛様が出来上がりました。そして、作っただけでは物足りず…「おひなさま、なる」と衣装を作り、なんと子ども達自らお雛様になりました。全員の衣装が完成すると、「たのしいひなまつり♪」の歌に合わせて、みんなで歌って踊って楽しみました♪

<バティーくんのお墓プロジェクト>

 9月はじめに、なのはにやってきたバティーくん。なんと年を越しても元気に長生きし、なのはのアイドルとして子どもたちに元気をくれていました。ところがある寒い朝…いつものように虫かごに「おはよー!」と声をかけ見てみると、バティーくんが動きません…。「ばてぃーくん、うごかないね…。」と心配そうに見ている子どもたちに「死んじゃったんだね。」と話すと、「しんじゃったの?」と何とも言えない表情で真剣に聞いていました。「バティーくんのお墓をつくってあげよう」ということになり、みんなで近くの公園へ行き、スコップで穴を掘ってお墓を作りました。「ばてぃーくん、ありがとう。」とみんなでお礼を言いながら埋めました。

<ブロッコリーとイチゴを植えました!>  

 お部屋にブロッコリーとイチゴの苗を置いておくと、「なに??」と子どもたちが次々に集まってきて、葉っぱを触ったりにおいをかいだりしました。「イチゴ植える人??」と聞いてみると、「はーい!」とたくさん元気な手が挙がりました!ところが…いざ、苗をポットから出して渡そうとすると、複雑に絡み合った根っこを見てみんな固まってしまいました…。そこで、いつも砂場で使っている玩具のスコップを出すと、みんな安心してスコップを使って植える事ができました。最後は水やりをして、「大きくな~れ♪」とおまじないをかけました。

何が始まるのかな?
すてきな“おひなさま”ができました!
みてみて!かわいいでしょ?
バティーくんのお墓をつくっています。
お墓が完成しました。
スコップを使えば、へっちゃら!
イチゴさんブロッコリーさん、 おおきくな~れ♪

2020年1月21日~2月20日までの様子

2020年2月28日 金曜日カテゴリー: 園の取り組み

 今年は暖冬のままで終わりそうな予感がしていた2月。ぐっと気温が下がる日があると体調を崩してしまう子が出て来ました。長引く子は少ないものの、順番にお休みしてしまう事もありました。園では引き続き、こまめな換気・湿温度の調整としっかり手洗いを行なっていきます。十分な食事と休息(睡眠)をとって、出来るだけ免疫力を下げないように心掛けたいですね。

<育てたダイコンとニンジン>  

 秋に植えたダイコンとニンジンが大きくなったので、収穫する事にしました。前年度は大人の小指くらいの小さな小さなニンジンしか出来なかったのですが、今年はどうなっているでしょうか。ちゃんと育ったかな?とみんなでプランターを囲みました。 葉っぱは立派に育っていますが、土の中はどうでしょう。期待をふくらませドキドキ しながら抜いてみました。今年は暖冬の影響か立派なダイコンとニンジンが採れて、子どもたちは大喜び!!その後、きれいに洗って、スライスにしてホットプレートで焼いて食べました。ニンジンはそのままでも甘くてとても美味しかったです♬

<節分の豆まき>

 2月3日は節分です。朝から節分の豆まきの紙芝居などを読んだり歌ったりすると、何やらいつもと違うのでは?と気づく子も出て来ました。段ボールの小さな鬼さんにカラーボールで豆まきです。「おにわそと~ふくわ~うち!」とみんな楽しく投げていました。すると・・・大きな鬼さんが!!一瞬フリーズする子ども達に「鬼さんをやっつけろ~!!」と保育者が掛け声を上げると、みんな一斉にボールを投げだしました。さっきまでは近づいて投げていた子もやや距離を保って投げていました(笑)。もっと大泣きするかと思いましたが、意外と泣かずにやっつけていました。でも、中には泣く子も・・・。そんな姿を見て「大丈夫だよ」と慰めてあげる姿も見られて、ホッコリとする場面もあった豆まきでした。

<チューリップとじゃがいもを植えました!>  

 春が近づいてきた事もあり、チューリップとじゃがいもを植える事にしました。じゃがいもの種イモをみんなで触り、「固いね~」とじゃがいもの感触を味わっていました。そして土嚢袋に植えました。美味しいじゃがいもが出来るといいですね。また、チューリップは赤・ピンク・黄色の3色球根を植えました。大きく育って欲しいと2歳児さんが毎日水遣りを頑張ってくれています。

<今月のクッキングはココアクッキー>  

 今月はココアクッキーを作りました。今までにも行ってきた混ぜるという工程に加え、今回は麺棒をゴロゴロと転がして生地をのばしていきました。そして良い硬さの生地に仕上がったので、型抜きにも挑戦しました。「星」「うさぎ」「鳥」の形に型抜きした生地をホットプレートで焼くと、可愛いクッキーが出来あがりました。もちろん、食欲旺盛の1歳児さんはモリモリ食べていましたよ。

どんなダイコンが出てくるかな?
こんな面白い姿のニンジンも出てきたよ(笑)
おには~そと!えいえい!!
ボールでやっつけるぞ!!!
大きな鬼さん登場!!
泣く子もいましたが、頑張ってやっつけました。   
鬼さんが怖くて泣いた子同士で慰めあい♥
優しい気持ちも育っています。
ちゅうりっぷを植えました。
きれいな花が咲いてくれるかな?
初めてのめん棒を使って・・・。
ゴロゴロ転がして生地を伸ばしたよ。
じゃ~ん!!ココアクッキーが完成!
どう?美味しそうでしょ?

2019年12月21日~2020年1月20日までの様子

2020年1月31日 金曜日カテゴリー: 園の取り組み

 今年は近年まれに見るかなりの暖冬です。こんなに吐く息が白くならない冬は経験したことが無いです。でもまだ冬は終わりではありません。2月にどかんと寒くなる事も考えられます。そういう事態も考えながら、体調には十分気をつけて過ごしたいです。

<クリスマス会>

 12月25日、はらださんと合同でクリスマス会を行ないました。今年は数名のお父さんがサンタクロース役に立候補して下さったのですが、今年度で卒園するRちゃんのお父さんにお願いをしました。お父さんもRちゃんにばれてはいけない!と思って下さったようで、当日までに色々と変装を試してみては写真を撮ってきてくださり、「こんなのでどう?」と準備万端で当日を迎えました。さて、本番のクリスマス会。サンタさんが入ってきた途端、みんなは大喜び。娘のRちゃんもみんなと同様に大きな声で「サンタさ~ん!」と叫んでいました。全くお父さんとはばれずに大成功!!みんなでサンタさんを囲んで楽しいクリスマス会を過ごしました。

<新年のご挨拶>  

 新年初日の1月6日、12名全員が集合しました。お休みの間、何をしていたかなどみんなで話を聞きました。N先生がお休み中に『獅子舞い』を作ってきてくれた事もあり、「獅子舞いに頭をパクッてされたら賢くなるんだよ」と説明し、一人ずつ頭をパクッとすると・・・ギャーと嫌がるかと思ったら、平気平気!中には自分から頭を差し出す子も居ました(笑)。獅子舞いにかじってもらったのできっとお利口さんになったことでしょう☆

<凧あげ>  

 ビニール袋にお絵描きやシール貼りをしてオリジナル凧を作りました。たくさん絵を描く子、シールをたくさん貼る子など様々でした。数日後、その凧を持って公園へ遊びに行き、しっかり走って凧揚げをしました。たくさん走らないと凧が下がってくるので子ども達は落ちないように必死に走っていました。園に戻ってきてからも「楽しかった」「またやりたい!」と口々に言っていました。

<ライスちゃんとかずくんがやって来てくれました!!>  

 昨年度の9月に行われた保護者親睦会時に来て下さった“ライスちゃんとかずくん”が今年もはらだ乳児園にやってきてくれました。何事かよく分からない子ども達はライスちゃんが持ってきたスーツケースにクギ付け!中からかずくんが出てきた時には思わず後ずさりする子も(笑)。大きなクリクリおめめをパチパチさせながらお話しする姿にどんどん子ども達が引き込まれていきます。とっても楽しかったので、最後にかずくんとバイバイの握手をする時は我も我もと押しあって握手を求めていました。さすがハヤシ先生・・・いやいやライスちゃん。また遊びに来てくださいね。

<我らの『ばてぃーくん』の今・・・>

  ばてぃーくんの年末年始をどうしようか問題がまた勃発しました。12/28日はたまたま土曜日という事もあり、土曜日は姉妹園で合同保育をさせてもらっているので、園は27日の晩以降クローズされます。なので1週間は園が閉まっている状態です。ここで「職員のお家に連れて帰る案」が出てきました。職員のお家によって室温・湿度が違うはずなので、「急な変化は命を縮めてしまわないか」、「万が一死なせてしまったら辛い…」という意見が出た為、なのはの環境から変えないでおこう!という事で、しっかり水とエサの草を置いてそのまま園に置くことになりました。 とは言うものの、何かしら気になる職員たち。結局3日に1度は誰かしら覗きにきて安否確認を行ないました。すっかり過保護状態の職員たちです(笑)。 皆の心配はどこえやら~という感じに2匹ともすこぶる元気でいます。これも暖冬のお陰かもしれませんね。

サンタさんにインタビュー!!
ドキドキしながら質問したよ。
獅子舞いさん、お利口さんになるように
優しくかじってね♪
描き描き、ぺたぺた・・・
素敵な凧を作りましょう!
凧が下がってしまわないように
一生懸命走ります!!
ライスちゃんとかずくんの会話はとっても面白い。スーツケースの中はお家なんだって♪   
じ~っと見つめる子ども達(笑)
初めはおっかなびっくりの子ども達でしたが
ほとんどの子が別れ際の握手は出来ました。

2019年11月21日~12月20日までの様子

2019年12月27日 金曜日カテゴリー: 園の取り組み

 今年の冬は寒暖の差が激しいですね。徐々に気温が下がってくれると寒さに慣れていくのですが、寒暖差が激しいと身体が上手に温度調節出来ず辛いです。このような不安定な時期は、規則正しい生活を出来るだけ心掛けて、免疫力を下げることなく元気に年末年始を過ごしましょう。

<さつまいも・・・その後>

  11月に収穫したさつまいも(ムラサキイモ)。1本しか収穫できなかったので、スライスしてホットプレートで焼きました。切ったら中もムラサキになっているのに驚く子ども達。ホットプレートに並べてみんなで囲み、火が通るのを眺めました。ふわ~んといい匂いがしてくると子ども達はそわそわ(笑)。素材の味を大切に味わうために塩を少し降って食べました。「おいしい~!」と大喜びの声がたくさん聞こえました。 また、別日には購入したさつまいもを使ってスイートポテト作りました。今回はアレルギーの人も食べられるように砂糖と、牛乳を豆乳にして作りました。2歳児がスプーンで混ぜ、ラップで茶巾包みにしました。1歳さんは食べる専門でしたが、みんなぺろっと完食!また作りましょうね。

<ツリー飾り>  

 サンタさんが来てくれるように、みんなでクリスマスツリーの飾り付けをしました。優しく付けないとツリーが倒れてきてしまうので、「そ~っとね♪」と話をして飾っていいきました。職員がトナカイや雪だるまの被り物を持ってきていて、それを被りながら飾る子もいました(笑)。たくさん飾り付けた後に、ライトの点灯式をしました。明るい時間でしたが、ライトが灯ると「「うわぁ~❤」とほほ笑む姿がとても可愛かったです。

<クッキング~その2~>  

 2歳児さん中心にホットケーキを作りました。朝のお集まり時に“しろくまちゃんのほっとけーき”を見て、2歳さんはクッキングをスタートしました。粉と豆乳が上手に混ざるように今回も頑張ってまぜまぜを行ないました。焼く準備が出来たら1歳児さんの登場です。みんなで椅子に座って、しろくまちゃんの絵本のように“ぽたん”→“プツプツ”→“焼けたかな?”という風に楽しみたかったのですが・・・1歳さんは美味しい匂いがするので机をバンバン叩きながら「早く食べたい!!」の猛アピール!のんびりホットケーキを食べるというより、「ちょっと待って~」と次々と食べてはおかわりを求めてくる対応に大忙しでした(笑)。

<バッタの『ばてぃーくん』>

  秋から飼っているバッタのばてぃーくん。実はまだ健在なのです!バッタってこんなに長生きするの?と驚くほど元気です。公園に逃がそうか?という話も出たのですが、この寒空は可哀そうかも・・・という事で、最期まで飼う事にしています。餌となる草が無くなってきて餌探しが大変ですが、出来るだけ長生きしてもらえるように頑張って飼っていきます!!

スプーンでまぜまぜ!!
スイートポテトが出来ました。
 ムラサキイモのスライスチップ。
いい匂いがお部屋に漂っていました。
「サンタさんに喜んでもらおう!」とキレイに飾り付けました。
ライトの点灯式!
綺麗な輝きに子どもたちもうっとり❤
混ぜる事は任して~と言わんばかりに、
3人で協力してホットケーキのたねを作ってくれました。 
ホットプレートに流し込むまでは大人しかった子どもたち。
この後、大騒ぎに(笑)   
むさぼるように食べる1歳さん(笑)。
あっという間にぺろっと完食!
写真では大人しそうですが・・・
おかわりコールは激しかった~(汗)
健在のばてぃーくん!!
3匹中2匹が元気に育っています。
出来るだけ長生きしてね。

2019年11月1日~11月20日までの様子

2019年11月27日 水曜日カテゴリー: 園の取り組み

 11月になり、朝晩と日中の寒暖差がより一層激しくなり、体調を崩しやすい時期となりました。高熱を出す子はまだいませんが、鼻水が拭いても拭いても滝のように流れてきてしまう子がぼちぼち出てきました。冬に向けてインフルエンザも流行り出しますので、今から『手洗い』を更に強化していきたいと思います。しっかり動いてたくさん食べて、風邪に負けない体づくりも頑張っていきたいです。

<弁当日のお出掛け>  

 今月は、はらださんと合同で1歳児と2歳児に分かれてお出掛けをしました。 1歳児は近隣の筒井公園へ行きました。カートで2台連なって向かっていくと、通りすがりの方達が「かわいいね❤」と声を掛けて下さり、得意げに「バイバイ~♪」と手を振って答えていました(笑)。公園では、砂場、すべり台、ブランコ、グランド(ボール遊び)に分かれて遊びました。好きな事をたくさん出来るので子どもたちは「あれもしたい!これもしたい!!」とあちこち選びながら過ごしていました。近所のお子さんも遊びに来ていたのですが、砂場のおもちゃを貸してあげたり遊具で順番を待てたりと「うちの子達!やるなぁ~!!」ととても嬉しくなりました。1歳児さんもしっかり成長している姿がたくさん見られて嬉しかったです。

  2歳児さんは『須磨水族園』に行きました。前日からワクワクしていた2歳児さん。朝の準備の早い事。トイレもさっと済ませて「いつでも出発出来ますよ!」と意気揚々で出発時間を待ちました。はらださんと合流し、電車に乗っていざ須磨水族園へ。電車ではちょっぴり緊張気味になっていましたが、水族園に着く頃には元気な姿に戻っていました。滞在時間が限られた中、イルカショーを見て圧倒されていた子ども達。ジャンプする度に「うわぁ~」とはしゃぐというより驚いていました。その後、お弁当を食べ、入り口の大水槽を眺め、帰園しました。興奮冷めやらぬ感じでしたが、布団に寝転ぶとあっという間に眠りについていました。昼寝明けにイルカショーを撮影したビデオをみんなで見ました。1歳児さんも大喜びしていましたよ。

<お芋掘り>  

 なのはの土のう袋で育てたサツマイモが大きくなってきたようなので、“そろそろ収穫しちゃう?!”と子どもたちと相談し芋掘りをする事にしました。当日、玄関に土のう袋ごと持ってきて、子どもたちで囲み芋掘りを開始しました。1歳児さんは順番に芋の周りの土をやさしく掘っていきました。元々芋の『肩』がちょっぴり見えていた状態でしたので、丁寧に土を除けていきました。見えている芋の下にはどれくらい引っ付いているのだろうとワクワクしながら2歳児さんが登場しました。3人で力を合わせて引っ張り出そうと「オーエス!オーエス!!」と応援したところ・・・ズルズル・・・とはいかず、ポロンと1つだけ出てきたお芋さん。う~ん・・・下には繋がっていませんでした。でも、子ども達は1つの芋に大喜び。そうです、みんなで育てた芋ですもんね。1つ出来ただけでも上出来です。甘くなるように少し寝かせて、みんなで食したいと思います。楽しみ~♪

絶好のお出掛け日和! 
上手に歩いて須磨水族園に行きました。
 イルカショー!!じ~っと見つめていましたよ。
お芋掘り。
芋を傷つけないようにスコップを用意したけど、手で優しく掘りました♫
最後の掘り起こしは2歳さん!力を合わせてオーエス!!
すっぽ~ん!! 
立派なひ・と・つ。みんなで食べましょうね♪