活動ブログ

2020年2月21日~3月20日までの様子

『見えないものの育ちを願って』

  元町はっと保育園は子どもたちにとって小さな集団ですが、家庭の延長線上にある生活の場です。 友だちと一緒におやつ・昼食を食べたり、課業・自由あそびなどで遊んだり、節目や個々に合わせてトイレに行ったり、自分で決めた場所で人形をもってお昼寝をしたりという一日の生活のリズムをほぼ時間の流れに沿って過ごしました。また、保育室の環境や保育士の関わり方は子どもたちにとって居心地の良い家庭的な雰囲気でありたいと、こどもファーストで自己決定・自己選択を求めて向き合いました。

 令和2年3月末日で7名の子どもたちは修了します。短い期間でしたが職員・保護者・友だちなど周りの沢山の人に愛をもらい大きくなりました。元町はっとでの経験は子どもたちがこれから経験する土壌になると信じます。 3月13日(金)お別れ遠足に行きました。新型コロナウイルスの感染が広がる中、行き先を楽しみにしていた神戸王子動物園からハーバーランドへ変更しました。大好きなお母さん手作りのお弁当が入ったリュックサックが嬉しくて、しっかり2人で手を繋いで歩いて往復しました。

きょーうはたのしいひなまつり~♪
着物姿、素敵でしょ♪
楽しみにしていた遠足。
みんなではいチーズ(^^)
お母さんのお弁当おいしかったよ。
じゃーん!!絵の具べっとり!
ぺたぺた。手形がいっぱいになったよ。